失敗しないオーダーの伝え方

お客様向け

こんにちは 山崎です

先日シェアサロンの初出勤を終えました

シェアサロンというと僕もイメージが全く湧かなかったのですが

基本的には普段通りのサロンワークで

働いているスタッフが全員(管理者以外)

個人事業主のフリーランスという点です

なので、働いてみた感じも

いらしたお客様に伺った感じも

いい意味であまり特殊な感じはありませんでした!

長く担当させて頂いているお客様も多いので

ひとまず雰囲気は良さそうでとても安心しました!

美容室は居心地の良さは技術と並んで大事ですからね!

さて、

今日はお客様向けに

美容室で失敗しないオーダーの伝え方

をご紹介していこうと思います!

特に、はじめましての美容室で

担当者の指定なしで行った場合に起こりがちですが

「思ったより短くなってしまった」

「思った色と全然違う…」

なんてトラブルは誰もが一度は経験があるのではないかと…

今日はそういった事態になりにくいよう

美容師目線で、成功率の上がるオーダーの伝え方をご紹介できればと思います

1.イメージ画像を数枚用意する

絶対この髪型にしたい!!

という場合もそうですが、

決まってはないけどこんな感じの雰囲気にしたいなー

みたいな状態でも、好きなテイストの写真をご用意頂くと

担当者にもニュアンスは伝わりやすいかと思います

数枚ご用意頂くことで、その中から共通のポイントを探して

そこを抑えた上での提案やアドバイスもできます

写真を事前に用意するのは、お客様にとって

少々のお手間はとらせて頂くのですが

ご自身の中でやりたいイメージがあるのであれば

お持ち頂けた方が確実かとは思います

2.イメチェンしたいか現状維持か伝える

カウンセリングの最初でこの旨を伝えて頂くことで、美容師側は

イメチェンならイメチェンモードに

現状維持ならメンテナンスで最高の状態に近づけようというモードに入ります

それに伴い、伺う項目や提案内容も変わってきます

もちろん「イメチェンしたい気もするけど迷ってる。。」

状態であれば、それも遠慮なくお伝えください

お悩みやご不満、理想の仕上がりに対して

髪質やデザイン、ライフスタイル等も考慮しながら

最適な髪型を探していくこともできます

3.予算を伝える

お客様の髪の毛のお話を聞かせて頂く中で

プラスメニュー(ブリーチやパーマ等)が必要になる場合もあります

お金の話は伝えにくい、、

という方もいらっしゃると思うので

その場合は無理に言わなくてももちろん大丈夫ですが

抵抗のない方は伝えて頂けると

その範囲内で最大限、良い状態を作るための

提案や施術をさせて頂きます

特にトリートメントなどは、複数揃えている店舗が多く

髪の状態ももちろんですが、ご予算も判断基準の1つになると思います

最後に

完全お任せももちろんOK

です

僕ら美容師は髪の毛のプロなので

お好み、お悩み、ご予算、ライフスタイル、気分、似合わせ、トレンドなどなど

【今日来てよかった!また来たい!!】

と思って頂けるよう精一杯担当させて頂きます

前述したことを参考にもして頂きつつ

自分史上最高の髪型をゲット

しましょう👍

コメント

タイトルとURLをコピーしました